初めてのメール

デュアン 「メールは難しくはないのだけど、1から説明すると結構大変だな」
オルバ 「いちいち解釈はいいから、実際メールを書いてみようぜ。」
アニエス 「そうね、早く教えて頂戴。デュアン」
デュアン 「じゃあ、まずはメーラーを起動してみようか。
オルバ、早速この『メール』をダブルクリックしてみて」
オルバ 「あいよ。(カチカチ)」
アニエス メーラーっていうのは、Eメールを送受信するためのソフトよね」
デュアン 「そう。MicrosoftのOutlookとかSo−netのポストペット等が有名だよね」
オルバ 「だから、解釈はいいんだよ。どこ押せばEメールができるんだ?」
デュアン 「『新しくメールを書く』っていうのをクリックして」
アニエス 「あっ、新しい画面がでてきたわ。」
デュアン 「Eメールを普通の手紙に例えると、Eメールアドレスが住所の変わりになる
わけなんだ」
オルバ 「んじゃあ、このToってのがメールを届けたいアドレスで、
Fromっちゅうのが出した人のアドレスになるってわけだ」
デュアン 「その通り。手紙を出す時と一緒で、よく確認するようにしなきゃ」
アニエス 「デュアン、このSubjectっていうのは何?」
デュアン 「これは、メールのタイトルだよ」
オルバ 「んじゃ、このCcってのとBccってのは、何だ?」
デュアン まとめて送りたい場合に使うんだ。Bcc機能がついてないメーラーもあるらしいけど」
アニエス 「まとめて送るって?」
デュアン 「事務的な・・・・そう仕事や学校などに使われるんだ。
同じメールが同時に他の人にも届くのだから『礼儀正しい』とは言えないけど」
オルバ 「『To』に複数のアドレス並べんのと、『Cc』に書くのじゃ、どう違うんだ?」
デュアン 「機能的には同じだよ。ただ、Ccは『送るけど、返事は結構です。』くらいに
考えておけばいいかもしれない。どっちにしろ、アドレスはプライバシーだから
あまり使わない方がいいね。」
アニエス 「Bccはどうなの?」
デュアン Bccは、『たくさんの人に同じメールを送りましたが、誰に送ったのかは秘密です。』
っていう意味かな。受け取った人に、他の受け取った人のアドレスがばれることがないんだ」
オルバ 「ふん、分かったから早速書こうぜ」
デュアン 「まず初めに練習として自分に送ってみよう」
アニエス 「FromとToに同じアドレス書いていいの?」
デュアン 「大丈夫。オルバ、じゃあ打ち込んで」

From: oaruoaru@runrun.**.jp
To: oruoru@runrun.**.jp
Cc:
Bcc:
Subject: 初メール!!
初めて書いたぜ。

アニエス 「オルバって、意外と文才ないのね」
オルバ 「っるせー」
デュアン 「(苦笑)『受信』をクリックして・・・・」
オルバ 「ああ。(カチ)」
デュアン 「ほら、メールが届いてるだろ。受信フォルダに「初メール!!」っていう
メールが入ったのは分かるよね」
アニエス 「うん」
デュアン 「じゃあ次は失敗しても大丈夫な、親しい友達にメールしてみよう」
オルバ 「うんじゃ、おれから姫さんのアドレスに送ってみるな」

From: oruoru@runrun.**.jp
To: aniani@runrun.**.jp


デュアン 「ちょっと待って、To:のアドレスに「全角」が混ざってるよ」
オルバ 「・・・・あっ。『半角英数字』だな」

From: oruoru@runrun.**.jp
To: aniani@runrun.**.jp
Subject: 練習
アニエス、元気か??


デュアン 「そうそう。じゃあこれが届いたら、今度は返信の練習」
オルバ 「おお、きてるじゃねえか」
アニエス 「やっぱ、文才ないわね」
オルバ 「・・・・・・」
デュアン 「はいはい。返事は、この『返信』をクリックして」

From: アニエス<aniani@runrun.**.jp>
To: oruoru@runrun.**.jp
subject: Re: 練習
>アニエス、元気か??


デュアン 「このときTo:には元のメールの相手のアドレスが入るんだ」
アニエス 「なんで、From:に私のアドレスが入ってるの?」
デュアン 「From:には自分がメーラーで設定したアドレスが入るんだ。
アニエスの場合、名前が入るようにさっきおれが設定しておいたんだ」
アニエス 「Subjectも自動的にはいるんだね。これは変えられないの?」
デュアン 「ああ、簡単に書き換えられるよ。本文の引用も必要のないときは、消しちゃってね」

チェーンメール

オルバ 「『10人に同じ内容のメールを2日以内に送らないと不幸になります。』
んなこと、あるわけねぇだろ」
アニエス 「分かってるけど、なんだか怖くない?」
デュアン 「『★★★番組で、このメールがどこまで届くか実験中です。
あなたも企画に協力してね。』『●●県の××病院で、輸血用の血液が足りません』
『新種のコンピュータウイルスの情報です』色々あるが、この類は全てチェーンメールなんだ」
オルバ 「誰に転送できたかなんて、確認できねぇもんな」
デュアン 「絶対誰にも送っちゃダメだよ」
アニエス 「だけど、ウイルスの話とか、助けになるかもしれないじゃない」
デュアン 「メールでは不確実だろ?最初は騙されて転送してしまうかもしれないけど、
『いかなる理由があっても、他人に転送を要求するメールは書いてはいけません。』
これくらいは覚えておこう」
オルバ 「規模がでかくなったら、ネットワークが混雑停止するかもしれねぇもんな」
アニエス 「あっ、それ新聞で見たかもしれない。ウイルスが勝手にメールを出して、
すごい数のメールでサーバーに被害がでたって・・・・」
オルバ 「本当に重要な情報がある場合はどうしたらいいんだ?」
デュアン 「ホームページをつくるなりして、アピールする方法があるだろう?」
オルバ 「んじゃ、なんで転送なんてあるわけ?」
デュアン 「これもCc:やBcc:と同じように、仕事や学校などで事務的に多く使われるんだ。
個人でやりとりするのは、メールをくれた人にも転送された相手にも
失礼になることがあるわけだし」
オルバ 「まあ、自分で出したメールが知らない人に見られたら、嫌だもんな。」
アニエス 「絶対嫌!!!(////)」

HTMLメール

アニエス 「メル友に『いい加減、HTMLメールをやめてください。』って言われちゃったんだけど」
オルバ 「そいつ何言ってんだ?そんな奴こっちから無視しちまえ」
デュアン 「おいおいιιOutlookExplessとかは最初の設定がHTML(リッチテキスト)形式
なってるんだ。対応していないソフトも多いんで設定を変えなきゃいけないんだよ」
オルバ 「ったく、めんどくせぇな。」
デュアン 「簡単だから、『ツール』⇒『オプション』⇒『送信』⇒『メールの送信形式』⇒『テキスト形式』
をチェックして⇒『OK』」
アニエス 「『OK』っと、これでいい?」
オルバ 「それにしても、HTML形式って何なんだ?」
デュアン 「文字の色大きさ、背景の色などを決められるから、幅広いメールのやりとりができるんだ。
でも、対応してないソフトでは見れなかったりして、迷惑になってしまうんだ」




⇒Back